レーシックで視界スッキリ

このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜ回復するのか

レーシック治療によって、視力を回復させることが出来るというのを知っていても、なぜ視力が回復するかについては知らないという人は少なくありません。そうした視力が回復する原理について適切に把握しておくことで、納得してレーシック治療を受けることが出来るようになっています。
どのような事をしてなぜ視力が回復するかがわからなければ、やはり不安になってしまいます。ですが、どうして視力が回復するのかを原理から適切に把握する事で、安心して治療を受けることができるようになるわけです。
このレーシック治療によって視力が回復する原理を把握する為には、近視や遠視になる理由について把握することが近道です。
正常な視力を持つ人の場合、角膜を通る光が屈折し、網膜で像が焦点を結びます。そのため、綺麗にハッキリと様々な物を見ることが出来ます。
しかし、近視になってしまうと、像が焦点を結ぶ位置が、網膜よりも前方の角膜側になってしまうのです。角膜などを通った光の屈折する力が強くなっているため、起きてしまう減少です。そのため、近くのものはハッキリと見ることが出来ますが、遠くのものはぼやけて見えてしまうのです。
遠視の場合は、近視とは全く逆のことが発生しています。光の屈折する力が弱いため、網膜より奥側で焦点を結ぶようになります。そのため、近くのものがぼやけて見え、遠くの物がハッキリ見えるのです。

近視や遠視の他に乱視等もあります。この乱視は像の焦点が2つ以上存在する場合に発生します。この乱視は像が焦点を結ぶ数が多くなるため、近くのものや遠くのものがぼやけて見えるだけでなく、複数に見えたりもするため、日常生活に大きな支障が出たりするのです。
程度の軽い近視や遠視の場合は、裸眼のままでも大きな問題になる事は少ないですが、近視や遠視が酷くなるに連れて、見える範囲は狭まるため、近視や遠視の進行具合によって、日常生活にかかる負担の大きさが大きくなったりするのです。
そんな近視や遠視を治療することが出来るのがレーシックなのです。
レーシック治療では、角膜を開いてレーザーを照射し屈折を矯正するのです。そうして光の屈折を矯正することによって、網膜できちんと焦点を結ぶ様になる事で、正確に物を見ることができるようになるのです。